最終回まであと3日

『進撃の巨人』最終回直前記念壁紙 其の8

『進撃の巨人』キャラクターの超保存版・特製スマホ用壁紙をプレゼント! 壁紙は全9種、毎日追加されるので全種類揃えるべし! 画像を長押しして保存、壁紙に設定しよう。

進撃の巨人 Mikasa Ackerman

諫山創先生 ロングインタビュー

最終回前に『進撃の巨人』誕生秘話と、先生の思考の変遷と歴史をおさらい! 最終回がますます楽しみになる!(『進撃の巨人 ANSWERS』P.164~173 2016年8月9日発行より再録)

リヴァイとエルヴィン、
それぞれに起きた変化

「リヴァイにしてみたら
『この人、言ってたことと
違うんじゃねえか?』と(笑)。」

王政打倒の戦いでは、エルヴィンとリヴァイの関係にも、微妙な変化が表れ始めますよね!
諫山先生:アメコミのヒーローものでは、「大いなる力には、大いなる責任が伴う」ことに対する葛藤が描かれますよね。リヴァイの場合は、力が無ければ、ただの無責任な人だったんでしょうけど、力を持ってしまったがゆえに、過剰に責任を背負う人になってしまったと。ケニーが「みんな…何かの奴隷だった…」と語り、リヴァイに「お前は何だ!?」と問い掛けた時に、リヴァイ本人もそれに気づくんです。自分も自分の力に対する奴隷だったと。「英雄にならなければいけない」という義務感ですね。……これはミカサにも言えることなのですが……、アッカーマン家には主君に仕えることで、力を最大限に発揮できる人達が多いんです。
ええっ!?(驚) それって本編では語られていない情報じゃないですかっ!! たしかにミカサにはエレン、ケニーにはウーリという主君的存在がいますが……。
諫山先生:リヴァイの場合は、エルヴィンですよね。自分を上回る存在として、エルヴィンを認めたというか。それがアッカーマン家の血筋というか、本能的な部分なんでしょう。
な、なるほど……(驚)。リヴァイが周囲と距離を保ち、深く踏み込んだ人付き合いを避けてきたのも、自分の力の大きさゆえなんでしょうか。
諫山先生:深く踏み込んだ関係を築くのを恐れていたんでしょうね。いつ巨人に食われてしまうかわからない世界に生きていますから、家族のような存在を持つことを避けていたんですよ。
周りが死んでいく中で、自分だけが生き残る……、その辛さですか。でも、そんなリヴァイが、新生リヴァイ班とは親密な関係を築きつつあるような……?
諫山先生:リヴァイの変化には、いくつかの要因があって、そのひとつはエルヴィンの真意に気づいたことでしょう。KC13巻で、ラガコ村の人々が巨人に変えられたことを知ってエルヴィンが笑みを浮かべましたよね。エルヴィンにとっては「自分の想像通りだったじゃないか」という納得の笑みだったのですが、リヴァイにしてみたら「一緒に人類を救おう」と言っていたのに、「この人、言ってたことと違うんじゃねえか?」と(笑)。
寝耳に水の出来事だったと(笑)。そうなるとエルヴィンの真意を、リヴァイは受け入れられるんでしょうか。
諫山先生:KC13巻の時点では、「隠していたな」っていう想いだったんでしょうけど、しだいに諦めたというか……。不信感を抱くというよりも、得体の知れない、自分を上回る存在だと思っていたエルヴィンが、まだよくわからないながらも、実は子供じみた動機で動いていたと知って、「しょうがないから協力してやろう」という気になってきていますね。でもKC18巻で、何が何でも作戦の指揮を執ると言って聞かないエルヴィンの態度には、少し怒ってもいて。「お前の判断を信じよう」というリヴァイのセリフには、「何が起きても、お前の責任だぞ」という怒りが込められています。その直後に、喧嘩中のエレンとジャンを必要以上の暴力で仲裁したのも、実はその一件での八つ当たりなんですよ(笑)。
エレンとジャンにとっては、とんだ災難でしたね(笑)。でも、八つ当たりができるということは、それだけリヴァイが、新生リヴァイ班に対して親しみを感じているから……とも言えます。
諫山先生:自分を化け物扱いしない新生リヴァイ班には、今までにない信頼を感じているんだと思います。リヴァイはエルヴィンの予想外の真意に気づき、ケニーとの別れを経験して、何か喪失感のような感情を抱いていたはずなんです。そんな心の隙間を、新生リヴァイ班が埋めてくれたのかも……。だからKC17巻でヒストリアに殴られても、「お疲れさま」「よくついてきた」といった労いの意味を込めた「ありがとう」が言えたんでしょうね。
あの場面はリヴァイの笑顔も相まって、本当にほっこりしました! ……その一方で、リヴァイの主君的存在であるエルヴィンは、「巨人の謎を解く」という夢に邁進し始めるわけですが……。
諫山先生:無自覚だった夢を自覚することで、人間として今まで以上に安定した面はあったんでしょうね。ただ、だからといって夢を最優先するような人物ではないんですよ。やっぱり最終的には責任を果たすために、いざという時は夢を諦めてベストな選択をできるのがエルヴィンなんです。彼はどちらかと言えばアルミンに近い立ち位置のキャラクターで、アルミンが純粋で爽やかな夢を追っているのに対して、エルヴィンは個人的な目的を含んだ夢というか。自分が口を滑らせてしまったことで父親を殺してしまった。そのことに対する妄想というか、プライベートな目的を叶えるために動いていたのに、いつの間にか調査兵団の頂点に立ってしまって、部下にあれこれと命令を下している。「何のために」という部分で、自分の中で自己矛盾があったんですよ。だから部下に向けて放つ「人類の未来のため」という言葉が、嘘をついているように思えてしまう。今まではそれに対する葛藤や悩みを抱えていたんです。
そんなエルヴィンに、リヴァイは今までと同じように従うのか、それとも……。ますます今後が楽しみになってきました!

PAGE TOP