最終回まであと3日

『進撃の巨人』最終回直前記念壁紙 其の8

『進撃の巨人』キャラクターの超保存版・特製スマホ用壁紙をプレゼント! 壁紙は全9種、毎日追加されるので全種類揃えるべし! 画像を長押しして保存、壁紙に設定しよう。

進撃の巨人 Mikasa Ackerman

諫山創先生 ロングインタビュー

最終回前に『進撃の巨人』誕生秘話と、先生の思考の変遷と歴史をおさらい! 最終回がますます楽しみになる!(『進撃の巨人 ANSWERS』P.164~173 2016年8月9日発行より再録)

今明かされる幻のネーム!!
そして完結の日は……近い!?

「気持ち良く完結させて
早く自由になりたいんです!(笑)」

お話を聞いていると、シガンシナ区決戦は、エレン達の想いが爆発して、本当にすごいことが起きそうですね……!!
諫山先生:エレンの中には、何かコンプレックスのようなものもあるんです。たとえばアルミンは壁の外にある自然だったり、未知のものに大きな夢を抱いているのに対して、エレンには怒りしかない。それがコンプレックスになっていて、自分は空っぽなのではないか、と感じている部分もあるはずなんです。でも人間が巨人になれることがわかり、自分達の常識が覆されていく中で、「自分を保つためには?」を基準にして、決断を下したり、行動を起こしたりするんですよ。
それはエレンにしかわからないコンプレックスですよね。ミカサとアルミンには、また別の考え方があって……。
諫山先生:そうですね、今後の展開にも関わってくるのですが、3人の考え方が違う方向に向かっていって、結果として対立するような展開は構想にあります。今描いているエピソードは、その予兆にあたるのかもしれません。
じゃ、じゃあ……エレンとミカサが離れてしまうことも!?
諫山先生:ミカサの成長は、エレンと袂を分かつことかもしれないですね。別れることで、幼い頃のような普通の少女に戻れるというか……。インターネットで読者の感想を読んでいた時に面白い意見を目にしたのですが、運命に対して否定的なのが男性マンガ家の傾向なんだそうです。逆に運命を肯定的に描けるのが女性マンガ家で、運命の人と出会って「これって運命だ!」と、自分の人生の筋書きが決まっていることを良しとする。その運命を変えようと邪魔する人達が、悪役になるんですね。もちろん、すべてのマンガ家に当てはまる話ではないかもしれないですけど、男性マンガ家としての感覚だと、ミカサはエレンと一緒にいるだけではかわいそうだと思ってしまうんです。でもミカサにとっては、エレンとずっと一緒にいることが幸せなのかもしれない。そういったことを考えると、ミカサとエレンが袂を分かつような展開は、必ずしも良いこととしては描けないとは思っています。だからミカサにしても、エレンとアルミンの間で苦しむことになるかもしれません。グローバリズム的な考えのアルミンには同調できるけど、自己中心的なエレンを突き放すこともできないということが、起きないとも限らないですよね。
そうしたお互いの変化を乗り越えることも、エレンにとっての試練になってくるんでしょうか?
諫山先生:以前、担当編集者のバックさんに、「主人公のライバルは誰?」と聞かれたことがあるんです。実はバックさんに尋ねられるまで、僕はそれをあまり考えていませんでした。映画『スター・ウォーズ』で言うと、主人公ルークに対するダース・ベイダーのような「なってはいけない自分の姿」がライバルとなり、それを乗り越えることで物語が完結する。『進撃の巨人』もエレンが越えるべきは、アニのようなキャラクターだったり、自分のダークサイドでなければならないと思っているんですが、今のところは当てはまる存在がいない状態なんです。今後の展開で、エレンが越えるべき存在が見えてくるようにしたいですね。
諫山先生は以前、エレンが一番理解しづらいキャラクターだと仰っていました。エレンが自分の為すべきことに気づいた今、その印象は変わりましたか?
諫山先生:うーん……。最近になって気づいたのですが、実はエレンは僕に近いキャラクターなのかもしれないですね。『進撃の巨人』は、僕が考えていた以上に巨大なコンテンツに成長してしまって……。巨人の力を手に入れて戸惑っているエレンは、『進撃の巨人』という作品に戸惑っている僕自身なのかも……。今にして思えば、実は連載当初から、僕は自分とエレンを重ね合わせていたのかもしれません。自分のことが一番わからなかったから、エレンを理解できなかったというか。連載当初の僕は、マンガで飯が食えるようになるなんて、とてもじゃないけど自分にできるわけがないと思っていたんですよ。でも、心の奥底には、それに対する反発心がいつもあって。まるでエレンみたいですよね(笑)。エレンが物語の奴隷であることに比べれば、自分は自由の身ではあるけれど、やっぱり『進撃の巨人』に縛られてしまっているところがあると思います。
その反発や反抗が、今も物語を描く原動力になっているんですか?
諫山先生:僕の中に、『進撃の巨人』を最後まで描ききれるのか? という想いがあるんです。そこが重圧を背負っているエレンと、僕自身を重ねてしまう大きな理由なんですが……まさか自分がこんなに大きなコンテンツを背負うことになるとは思っていませんでしたし、それを描き切るなんて、「できないほうが普通だろう」と思ったりもして……。そういった葛藤が、今ではエレンに共感を覚える理由になっていますね。
重圧から解放されるのは『進撃の巨人』を完結させた時ですね! 当初の想定通りに物語は進んでいますか?
諫山先生:連載当初に決めた結末に向かって、順調に進んでいますよ。そういえば『進撃の巨人 OUTSIDE 攻』に収録した「幻の第1話」には、エレンのセリフが抜けているコマがありましたよね? 今だからこそ明かせるのですが、あのセリフは「父さんはオレが食っちゃったってさ」でした。KC15巻〜17巻で、ようやくそれを描くことができたので明かしても大丈夫になりました(笑)。
ええーっ!! あの頃から決まっていたんですか!!!(驚)
諫山先生:はい(笑)。だから連載当初に決めた結末に向かって、物語はしっかりと進んではいます。ただ、描きたいシーンや結末は見えているのですが、まだどれくらいの時期に……というのはぼんやりとしていますね。遠いような、それでいて近いような……。ただ物語が長くなり、テンポが悪くなってしまうのは作品として良くないでしょうし、連載を気持ち良く終えて、早く背負っている重責から自由になりたいんです!(笑)そのためだったら、アルミンのように何でもできる気がしています!!

PAGE TOP